FANDOM


赤木 剛憲(あかぎ たけのり)は、井上雄彦漫画作品およびそれを原作とするアニメSLAM DUNK(スラムダンク)』に登場する架空の人物。アニメでの声優は梁田清之、少年時代の声優は緒方恵美

プロフィール 編集

  • 所属:湘北高等学校3年6組(高1時は1年1組在籍)
  • 身長:173cm(小学6年)→193cm(高校1年)→197cm
  • 体重:88kg(1年)→90kg→93kg
  • 誕生日:5月10日
  • 背番号:10(1年)→8(2年)→4→15
  • ポジション:センター(C)
  • バッシュコンバース
  • 備考:神奈川ベスト5

人物 編集

湘北バスケ部主将。北村中学時代は、木暮公延と伍代友和[1]のチームメイトだった。

厳格で綺麗好き。197cmの巨漢とその顔立ちで、桜木宮城らバスケ部の問題児、そして堀田徳男を初めとした湘北の不良生徒ですら怖気づく豪腕である。[2]また、作中にて反逆無敵の桜木を片腕で引き投げたり拳骨一撃で沈める事が出来る唯一のキャラでもあると、プレイスタイルから「ゴール下のキングコング」の異名を持つ。豪腕の力でダンクを決める「ゴリラダンク[3]ボールバレースパイクの要領でブロックする「ハエタタキ」などの豪快なプレーでチームメイトを牽引する。体を張ったプレイはチームメイトからはもちろん、他校のエースキャプテンからも尊敬を集める。神奈川No.1プレイヤーの牧が「初めて尊敬した敵のプレイヤー」であり、仙道は「湘北は彼の存在だけでベスト8くらいの力はあると思う」と評した。また山王工業のセンター河田は「攻守両面において湘北の最重要人物」と評し、山王の選手達も「今まで無名なのが不思議なくらい」と驚いていた。問題児軍団を束ねるキャプテンとして、湘北にとっては代えの利かない精神的大黒柱である。豊玉戦で完全に勝った気になっていた桜木を殴りつけ「一瞬たりとも油断するな」と怒鳴りつけた。

ふだんはクールだが、激高すると感情をあらわにする。晴子曰く、普段は優しいがバスケットのこととなると人が変わり、バスケを侮辱した素人の桜木にムキになってバスケ勝負を挑んだり、チームメイトに電車の中で「1cm(ケツ)上げ」(いわゆる「空気椅子」)をさせたり大声で気合を確認したりするなど、社会常識すら見えなくなる。プレー中には基本的に敵に対して感情的になることはないが、豊玉戦においては敵の度重なるラフプレイに耐えかねて報復に出る寸前だった。敵プレイヤーに対する緊張や自意識過剰により、ときおり精神的に不安定になり本来の力を発揮できなくなることもある。山王戦においても、全国制覇や河田について意識しすぎてプレイが散漫になったが、自分が体を張ってチームメイトの才能を発揮させてやることを、魚住のメッセージにより悟った。劇場版第4作では選手生命を断たれたイチローのために、彼を加えた練習試合をしてほしいという晴子の頼みをはじめは断ったものの、自身も海南戦で負った足の捻挫のことを思い、自ら安西に直談判して練習試合を実現させている。

桜木からは「ゴリ」、宮城からは「ダンナ」と呼ばれている。流川からはキャプテン、又は先輩と呼ばれているが、一度ゴリと呼ばれかけたことがある。また、親には「剛」と呼ばれている。なお桜木は、赤木が晴子の兄だと知ってからしばらくの間は、取り入るため「お兄さま」と呼ぶよう努めたが、すぐまた「ゴリ」と呼ぶようになった。その容姿のために、他校生からでも「ゴリラ」「ゴリラ男」「ゴリラジジイ」「ゴリ」などと呼ばれ、妹の晴子にすら「ゴリ兄ちゃん」と言われる位ゴリラ似である。それら「ゴリラ」呼ばわりされることを表面上決して容認してはいないのだが、自分から「ウホ」と叫ぶことも何度もある。バスケ部員以外にも「ゲンコツのキャプテン」と呼ばれるほど指導は厳格[4]であり、温和な木暮とのコンビは「湘北高校バスケ部のアメムチ」と並び称される。劇中で桜木の頭を拳骨で殴った回数は計り知れず、そのたびに桜木の頭にはこぶができ、がこぶから立ち上っている。

1年生のときはドリブルフリースローが苦手だった[5]が、全国制覇への情熱により、万年初戦敗退の弱小校に属しながらも他校や専門家から注目を集めるほどのプレイヤーに成長する。2年生時の陵南戦において、チームの負けが決定的な状況にあっても闘志を失わず魚住を抑え込む姿勢を、高く評価された。最終学年には強力なチームメイトを得てついに才能を開花し、海南戦では前半途中で足を捻挫しながらも試合の最多得点となる33得点を記録[6]するなど変わらぬ存在感を見せ、予選から豊玉戦までの1試合平均で25.3得点・12.3リバウンド・4.0ブロックという素晴らしい数字を残し、名実ともに県内ナンバーワンセンターにのし上がった。その活躍ぶりは大学界No.1の名門、深沢体育大学の目にも留まり、実力は大学でもすぐに通用するセンターと評価され、全国ベスト8を条件にスカウトされる。IHベスト8はならず推薦の話はなくなり、元々の志望校受験を目指す。その後、単行本の販売数が一億冊を突破したときに発売された雑誌『Switch』の表紙では、赤木が15番のユニフォームを着ている描写があった。

とにかくバスケが大好きで、小学生の頃から全国制覇の夢を持っており[7]、自身の実力も確実につけてきたものの、チームメイトに恵まれずに埋もれてきた逸材。その為に高校も強豪校に進学できず、弱小の湘北高で当時は無謀とも思えた全国制覇の夢を持ち、その為に部員の多くが退部するほどスパルタに近い厳しい練習を課す[8]も、それは全国制覇への情熱が強いからこそであり、またその情熱は決して捨てる事はなかった。強力なチームメイトを得て夢にまで見た強豪山王工業との試合中には、どんな状況にあろうとも勝利を諦めないチームメイトに無意識に涙する[9]

木暮とは中学時代からの付き合いであり、木暮もまた、赤木ほどの実力はないものの全国制覇の夢を共にしてきた無二の親友である。また、三井とは入部当初はライバル関係にあった。学校生活では教師からの信頼は厚く、クラスメイトや他の部の部員との関係も良好である様子。家庭では自身と両親、妹の晴子の4人で暮らしている模様。住居は一軒家で、一家での食事や自主練習、インターハイ前の問題児軍団の勉強合宿、また深沢体育大学の唐沢監督と杉山との面談といった家庭での状況も描かれている。また、彼の部屋にはカリーム・アブドゥル=ジャバーのポスターが貼ってある。

学業は非常に優秀で、英語や物理の問題をスラスラと答えたり、バスケ部の赤点組に勉強を教えたりする様子が描かれていたが、原作終了後の黒板漫画では引退後、バスケットがしたいという思いの余り、授業に集中できなかったり、成績が下降した様子が描かれている。

脚注 編集

  1. 劇場版第2作「全国制覇だ!桜木花道」で登場。
  2. バスケ部襲撃事件では、「靴を脱げ!」とその場にいた不良全員を驚かせ、この事件の主犯の三井にビンタを数発食らわせた。
  3. これを名付けたのは三井。ただし、本人はゴリラ顔にコンプレックスを抱えているため、彼の前では決して口にしてはいけない。
  4. それは、怪我をした海南戦後の練習中に安西監督から「飛ばしすぎだよ。」と注意されるほどである。
  5. ドリブルについてはボールを蹴ってしまうほどで(三井の過去を回想して話す木暮がこのことに触れた際には即座に木暮の胸座をつかみ、またアニメではその際、桜木に拳骨を見舞っている)、フリースローは本当に下手で笑えたと三井に言われている。かつてのチームメイトだった西川からも、デカいだけで下手だから海南にも翔陽にも入れなかったのだと言われた。
  6. BRUTUS』第642号より。
  7. 晴子曰く、「小学生の頃からバスケ一筋で、全てをバスケットに懸けてきたような人」とのこと。
  8. 回想シーンでは練習をサボり自身の夢を馬鹿にした西川に暴力を振るっていた。
  9. また陵南戦の試合後には、全国に行ける思いから感極まって泣き出してしまい、試合後の整列で互いに魚住と泣きながら抱き合った。この事で晴子や洋平たち、またチームメイトに涙を誘い、アニメではその直後会場から拍手喝さいがあった。

関連項目 編集

ca:Llista de personatges d'Slam Dunk#Takenori Akagi

ko:아카기 다케노리 zh:赤木刚宪

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki