FANDOM


流川 楓(るかわ かえで)は、井上雄彦の漫画作品及びそれを原作とするアニメ『SLAM DUNK(スラムダンク)』に登場する架空の人物。アニメでの声優は緑川光

プロフィール 編集

人物 編集

富ヶ丘中学[2]時代はスタープレイヤーとして多くの高校から誘いを受けたが[3]、「家から近い」という理由[4]で弱小の湘北高校へ入学。インサイドでもアウトサイドからでも点が取れるという類稀な得点能力を持ち、絶好調時には一人で試合を支配してしまう「オフェンスの鬼」。その技術は中学の先輩である彩子からも、中学に入った時点で相当うまかったと言われたほど。IH予選では2位の1試合平均30得点を記録している。またジャンプ時の滞空時間も桜木と並んで作中トップであり、海南戦では牧相手にダブルクラッチからのワンハンドダンクを決めた(現実にはそんな離れ業のできる人間はNBAでも希少であり、この光景を見た仙道でさえ驚愕していた)。当初は自己中心的なワンマンプレイが目立つ[5]。ただし本人にその意識はなく、勝利第一のプレイがそう評価された(事実、全くパスをしないわけではない)。その後、徐々にチームプレイを覚えるように。山王戦で沢北に抑え込まれている際に仙道の言葉を思い出し、自らパスワークをするようになる。その結果、愛和学院のエース・諸星にオフェンスにおいて「(高校No.1プレイヤーの)沢北と同等」とまで言われるプレイヤーに成長する[6]。左腕に黒いリストバンドを装着している。

とくに弱点らしきものはないが、強いて挙げればスタミナに難点があり陵南との練習試合や海南との試合ではスタミナの問題で途中交代している。その後IH予選の陵南戦では、前半を流してプレイし(その事を仙道に前半終了時「おかしいのは、こいつだ・・・流川」と見抜かれている)案の定後半から全力で仙道に立ち向かいプレイする事で凌ぎ切っている。またIH予選終了後~IHに出る間にも仙道に1on1での練習を挑んでおり、その際には仙道にオフェンスが読まれ易い(スキルは高いが、パスをすることは少ないため)ことを指摘されていた。

桜木とは文字通り「犬猿の仲」で、殴りあいの喧嘩などは日常茶飯事だが、桜木の努力や能力を認めた台詞はチームメイトの誰よりも多い[7]。花道が最もライバル視している人物の一人であり、桜木同様に友情をのぞかせる時がある。IH終了後、全日本高校選抜のメンバーに選ばれ、花道に「JAPAN」の文字が入ったユニフォームを見せびらかしている。桜木には基本的に「ルカワ」と名前で呼ばれているが、時には「キツネ」、「睡眠男」等と呼ばれることもある。また、豊玉の選手たちには「ナガレカワ」と呼ばれている[8]。作中でも花道にパスを出したのは三回しかない。

彩子からは「図太いを通り越して鈍い」と評されるほどで、その精神力は湘北スタメンの誰よりも安定しており、緊張とは無縁。おまけに無口で無礼な態度をとるため、堀田からは嫌われており桜木のみならず三井宮城の反感も買う。三井は海南戦前半終了間際で得点差を詰めた彼に心の中でボロクソな発言をしていた(生意気で無愛想で無口で…といった有様だが、最後に「マジですげえ」と海南をねじふせる実力に心底驚いていた)。一方で非常に負けず嫌いで、売られた喧嘩は率先して買うタイプ。喧嘩の実力も花道と互角に殴り合えるほどで、またかなりのタフさを持ち、洋平が見てきた中では花道の本気のパンチをまともに食らって立っていられた最初の人物である。三井によるバスケ部襲撃事件では誰よりも早く報復行為に出た。

女性に大人気で、本人非公認の「流川楓親衛隊」というファンクラブまで存在する(流川本人は彼女らを相手にしていないが)。本作のヒロインである赤木晴子からも片想いされており(本人は全く興味が無い様子)、その事が原因で晴子に惚れている桜木から逆恨みに近いライバル視をされるようになる。バスケ以外は無気力で、一日中寝ていることが多く、自転車登校中もよく居眠り運転をしてや人にぶつかり、授業中も寝ていることが多い(そのため学校の成績は非常に悪い)。一方で試合からの帰宅中、自分を睨んできた野良猫に舌打ちであやすなど、お茶目な一面も見られる。ウォークマンのような携帯音楽プレイヤーを愛用し、プリンス&ニューパワージェネレーションなどの洋楽をよく聴いている。

現在ではインターハイ中から計画していたアメリカ留学を目指し、英会話を練習している(ただし、あまり上手くはない)。

『楓パープル』編集

なお作者のデビュー作『楓パープル』は流川が主人公。この作品でも『SLAM DUNK』同様の俺様キャラではあるものの、無愛想は極まっておらず若干明るい性格に描かれていた。またこの作品で流川が通っている高校は「北高」となっており、流川は2年生でバスケット部の部長という設定である。

補足編集

アニメで流川の声を担当した緑川と花道役の草尾毅はアニメ化の前から原作を読んでおり、2人とも「流川を演じたい」と思っていたという。

脚注 編集

  1. 中学時はポジションは特に決まっていなかった。というよりも一人で全てこなしていた。
  2. ユニフォームの色は濃桃色。また中学時代の後輩に、水沢イチローがいる。(何れも劇場版第4作より)
  3. 原作では陵南の田岡監督から、劇場版第3作では緑風の藤沢マネージャーから勧誘された描写がある(但し、劇場版では寝ていたため、記憶になし)。
  4. 同様に田岡監督からのスカウトを断った三井と宮城は、湘北を選んだ理由として安西監督の存在を挙げていた。田岡は、流川も彼らと同様に安西監督が理由で湘北に行くと予想していたために、この安易な理由に非常に面食らっていた。
  5. 清田からは「天上天下唯我独尊男」と称されるほど。
  6. ただし、ディフェンスでは沢北を抑え切れなかった。
  7. 山王戦では桜木をライバルだと認めている発言をしている。
  8. 矢嶋が名前を読み間違ったことからそう呼ばれるようになり、結局最後まで「ルカワ」と呼ばれることはなかった。

関連項目 編集

ca:Llista de personatges d'Slam Dunk#Kaede Rukawait:Kaede Rukawa

ko:루가와 가에데 zh:流川枫

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki