FANDOM


SLAM DUNK > SLAM DUNKの登場人物 > 宮城リョータ

宮城 リョータ(みやぎ りょうた)は、井上雄彦漫画作品およびそれを原作とするアニメSLAM DUNK(スラムダンク)』に登場する架空の人物。アニメでの声優は塩屋翼

プロフィール 編集

人物 編集

小学校からPGで、田岡監督からは神奈川県内でも五指に入るガードのひとりに数えられる実力者。チームメイトの安田とは同中学の出身で旧知の仲。速攻を初めとしたゲームメイクを中心に、高い運動能力と小柄な身体を活かしたスピードプレイが持ち味で、湘北一と言われるそのスピードは他校のプレイヤーからも注目を受ける。また桜木に伝授した騙しのテクニックであるフェイクを多様したトリッキーなプレイも持ち味である。ジャンプ力もあり[1]、藤真の様な10cm程度の身長差であればシュートブロックするのは難しくない[2]。中距離からのジャンプシュートやフリースローは苦手。耳のピアスがトレードマーク。アニメでは左腕に白のリストバンドを二つ、原作では赤と黒のリストバンドを二つ装着している。

他のスタメンに比べると個人的なエピソードがやや少なく、中学時代や桜木たちが入部するまでの一年間どのような活躍をしてきたかなど不明な点も多い。桜木がバスケ部に入るまでは三井らとの喧嘩が原因で入院していた。

安西に憧れ強豪高校からの誘いを断り湘北へ入学するが、当初は高校でもバスケを続けるか迷っていた。しかし練習を見に行った際、彩子に一目惚れし入部する。だが、彩子にはあまり相手にされず、彼女への未練を断ち切るため、多くの女性に告白するも、ことごとく振られ続け、ある日、他校の女子生徒に振られたところを偶然目撃していた桜木軍団に馬鹿にされる。バスケ部に復帰した日、彩子が桜木と並んで歩いている場面に遭遇するやいなや桜木と彩子の関係を疑い大喧嘩になる。その後も体育館で目にもとまらぬ連続技(石井曰く)や、互いに頬をつねり合ったりするなど桜木とは文字通り核弾頭に核弾頭をぶつけた状態(潮崎曰く)になった。しかし、共に女運が無く片思いの相手に振り向いてもらえない仲ゆえに桜木と意気投合し、翌日には練習に仲良く肩を組んで体育館に現れた[3]。桜木からは「リョーちん」と呼ばれている(最初は「リョータ君」だった。また作中で一度だけ「リョーちんこ」と呼ばれたことがある。)。作中において桜木軍団を除けば唯一、桜木を名前で呼ぶ人物であり、試合中に桜木がハンドタッチする回数が最も多いメンバーである。

問題児軍団の例に漏れず、成績は悪い。だが彩子に見てもらうとものすごい知力を発揮する。また、喧嘩の実力は相当高く、さらにはグループのリーダーを見分けることも出来るようで、三井ら不良グループとの喧嘩ではボスの三井だけを執拗に攻撃していたり、桜木軍団に馬鹿にされた際もすぐに水戸がリーダーと認識していた。

序盤では他のスタメンに比べると活躍の場面がやや少なく、また上背がないためチームのウィークポイントとして扱われることも多かった。また、桜木同様ムキになりやすい性格が試合に影響してしまうこともあり、その点が神奈川No.1ガードの牧をして「甘い」と言わしめる所以である。精神的に弱い面もあり、山王戦の前夜には山王のビデオを見て怖がり、彩子の前で弱気な発言をしている。しかし、海南戦では花道とのリバウンド争いを制した高砂のボールをはたいて花道のダンクをアシストし、陵南戦では仙道の不意をつき駄目押しのシュートを決め、山王戦では終盤においてゲームの流れや相手の心理状況を的確に判断し、また戦意を喪失しつつあるチームメイトを叱咤して崩壊寸前のチームを支えるなど、牧に認められる程PGとして大きな成長を見せた。また、PGとしての実力、いざという時の精神力は信頼が高く、山王戦では湘北が崩壊する中、安西から特攻隊長としてボール運びを任される。彩子から手のひらに「No.1ガード」とマジックで書かれ、その後、山王でも最強の沢北と深津のダブルチームをドリブルで置き去りにし、流川へ彼らしい技ありのパスを出す。

スタメンでは唯一の二年生。赤木と木暮の引退後、湘北高バスケ部の新キャプテンに就任。バスケを続ける三井のことを「目の上のたんこぶ」と発言した[4]。リーダーシップのハウツー本に影響され、現在では赤木以上の鬼キャプテンで鳴らしている[5]

『ピアス』編集

週刊ヤングジャンプ特別読切『ピアス』にて小学6年生時の彩子と思われる人物がリョータと共に描かれており、欄外にも「彩子とリョータの秘密」と言う記述がある為、この2人が過去に出会っていた事が読み取れる。この物語の中でリョータが身に付けているピアスが元々彩子のものであり、彩子と初めて出合った際に付けた事が描かれている。ただし、彩子本人は最後までリョータの名前を勘違いしており、現在その事実に気付いているかは不明のままである。 小学3年生の時に兄を海で亡くし、その際に一緒に釣りに連れて行ってもらえなかった事にハラをたてて口にした「バカ兄!! もう帰ってくるな!!」と言う言葉が最後の言葉になった為、非常に後悔している。

脚注 編集

  1. 三井曰く、跳び蹴りが得意との事で喧嘩でも跳び蹴りや相手に飛び掛る描写が多い。
  2. 翔陽戦の終盤では藤真の3Pをブロックしている。
  3. その光景を見たバスケ部全員は、唖然としていた。流川には「どあほうが二人に…」と言われる始末。
  4. 現在でも三井とはしばしば喧嘩になるらしい。
  5. 三井との喧嘩の原因は、この練習の厳しさにもあるという。

関連項目 編集

ca:Llista de personatges d'Slam Dunk#Ryota Miyagiko:미야기 료타

zh:宫城良田

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki